株式会社ヤツヅカ福祉事業部

TEL 089-905-8484
FAX 089-960-3020

愛媛県伊予郡砥部町八倉91
営業時間/8:30~17:30
定休日/日曜日・祝祭日

ホーム TOP > 福祉事業部TOP >製作事例

改造・製作事例

四国・愛媛で、『人にやさしいクルマづくり』をスローガンに福祉車両のカスタマイズ(改造・製作)を手がける、ヤツヅカ福祉事業部です。

今回は、期間限定で復活した、トヨタ・ランドクルーザー70の新車に乗り降りをサポートする、補助ステップを3ヶ所とアシストグリップを2ヶ所取り付けしました。

補助ステップは、運転席以外の3ヶ所。
純正でもステップは付いてるんですが、なにしろ70の車高が高くて地上から50センチ以上あるので、高齢者の方々が乗り降りするには大変な労力が必要です。
当社取り扱いの電動スイングアウト補助ステップなら、低い位置にステップが降りてきますので乗り降りがラクラクになりますよ。ご家族の方も安心ですね。

アシストグリップは、後席の2ヶ所。
こちらも純正でも装備されてますが、付いてる場所が高すぎでなかなか手が届きませんので、新たに手が届きやすい高さに設置しました。手を伸ばせばすぐに届くのはいいことですね。

BEFORE

フツウのランクル70です。

左リヤドアのステップの下から見た図。
ここに、下の電動スイングアウト補助ステップを取り付けます。

でも、この補助ステップはトヨタ純正品でもなく、70ランクル専用の社外品でもありません。
そこで、下のような取り付けブラケットをいつものように手作りで製作しました。

クルマのボディと補助ステップの間の空間をイメージして作りました。
ただ取り付けするためのブラケットではなく、今回はボディの外側に張り出したステップに人が乗ることになりかなりの強度が必要になりますので、製作には時間と根気とアイデアは必要です。

製作したブラケットをボディに取り付けした図。

仮付けして、バッテリーをつないでステップを作動させてみました。
同じことを3回やりましたが、すべてちがうブラケットが必要なので、ひとつひとつ一からスタートです。

AFTER

おそらく、トヨタ・ランドクルーザー70に補助ステップを3個も取り付けしたのは、日本初ではないでしょうか???

運転席に補助ステップのオフスイッチも装着しました。中央の丸いスイッチです。
また、エンジンをかけてもステップが出ているときには、ミラースイッチの両脇にインジケータが光る仕組みです。
直感的にどこのステップが出てるのかを把握できます。

さらに、補助ステップのうしろには、泥除けも装着しました。
小石や泥などからステップやモーターを守るための影の必須アイテムです。

また、今回の補助ステップは通常はドアの開閉に連動ではないのですが、特注にて、ドア開閉連動型に仕様変更をしました。
写真の小さな黒いものが、ドアスイッチです。ここでドアの開閉を感知して補助ステップが展開・格納します。

動画

とても滑らかな動きでステップが動作していることがおわかりになると思います。


四国・愛媛で、『人にやさしいクルマづくり』をスローガンに、福祉車両のカスタマイズ(改造・製作)を手がける、ヤツヅカ福祉事業部です。

今回、介護施設さまからのご依頼を受け、ホンダ・N-BOX+のスローパー車に後付け回転シート:「ターンアウト」をインストールしました。

BEFORE

この助手席が回転シートに変身いたします。
新車のため、シートにビニールがかかっています。

シートの脚は、こんな風にとても長いです。
最近の軽自動車は、背が高くなっているのに合わせて、シートの着座位置の高さが上がっているので、シートの脚も長くなっているんです。
後ろ足の間にあるのは、このクルマはスローパーなので、車いすを引っ張り上げるためのウィンチです。

AFTER

回転シートの脚の部分を製作して、回転シート専用のシートを取り付けしたら完成です。

回転イメージ。
シートの左側にあるレバーを引くことで、シートが回転します。
このクルマは、もともとドアの開度が大きいので回転シートにも適しています。
もしドアの開度があまり大きくない車種でも心配無用です。
角度をアップさせる改造も承りますので、上のような角度までドアを開けるようになります。

回転シートの専用の脚は、いつも手作りで製作しており、骨の折れる作業であります。

また、軽自動車の車内スペースはあまり広くないので、運転席と助手席がギッシリ!
こういう状態でも助手席のシートは回転可能です。
ただ、シートベルトアンカーは、スペースの関係上、このような処理としました。

ちなみに、シートが外向きに出たときのシートの座面の高さは、約70センチです。
シートの下に車いす用電動ウィンチがあるので、この高さとなっていますが、ウィンチのない、通常のN-BOXでは、座面を下に下げることができ、座面は、約60センチになりますので、より乗り降りがラクラクになりますね。


 

四国・愛媛で、『人にやさしいクルマづくり』をスローガンに、福祉車両のカスタマイズ(改造・製作)を手がける、ヤツヅカ 福祉事業部です。
今回、トヨタ・ハイエース・KZH120G・グランドキャビンに、スロープ車いす固定ベルト車いす用シートベルトを装着した上で、「車いす移動車」としていわゆる、8ナンバーに構造変更登録しました

BEFORE

改造前は、4列目シートが鎮座しておりました。このシートを取っ払って、車いすのスペースをつくり、車いすの固定ベルトと車いす用シートベルトを取り付けしていきます。

シートを撤去すると、このように結構なスペースが生まれます。

次に、上のようなベルト取り付け用のブラケットを丁寧に手作りします。

AFTER

改造後はこのようになりました。
「X」字になってるブルーのベルトが車いす固定ベルトです。
両脇のタイヤハウス上にあるのが、車いす用シートベルトです。
手前に置いているのが、3段伸縮式スロープです。

ブラケットを各所に取り付けしてベルトを固定しました。

3段伸縮式スロープを伸ばしてスロープを設置してみました。

スロープは、チェーンにて自動車のボディと常時接続されております。
これが実は非常に大切で、接続されてない場合には、8ナンバーに構造変更登録は不可能です。

 

 

関連リンク

 

ダイハツ・ハイゼットカーゴ・S321V+車いす簡易スロープ+車いす固定ベルト

ルノー・カングーに簡易スロープと車いす固定ベルト装着!

車いす用3段伸縮式スロープ 3点セット

 


四国・愛媛で、『人にやさしいクルマづくり』をスローガンに福祉車両のカスタマイズ(改造・製作)を手がける、ヤツヅカ 福祉事業部です。
今回は、スバル・フォレスター・SJ5 に、手だけで運転できる手動運転装置を取り付けしました。

BEFORE

見慣れた風景のBEFORE

AFTER

シフトレバーの上あたりに、手動運転装置のコントロールレバーが見えます。

助手席側から見るとこんな感じ。 オプションのS字コントロールレバーを選択され、左手を前に伸ばすことなくアクセル・ブレーキの操作が可能です。
ドライバーの身体の状態やお好みに合わせてグリップの位置を設定できるのが当店取り扱いのオートアダプト製手動運転装置:カロスピードメノックスの特長です。

手動運転装置のグリップは、こちらもオプション設定のカーボン調カバーをチョイス。
カーボンは、最近大人気アイテムです。

ペダルの方は、こうなっております。
アクセルはワイヤーケーブルで接続されており、ブレーキはロッドでダイレクトに接続。


四国・愛媛で、人にやさしいクルマづくりをスローガンに、福祉車両のカスタマイズ(改造・製作・架装)を手がける、ヤツヅカ福祉事業部です。
今回は、日産・モコ・MG22Sに、Aピラーアシストグリップとハンドル旋回グリップを取り付けしました。

BEFORE

いつもの普通の状態です。
斜めに走っているのが、「Aピラー」です。通常よく付いているのは助手席側で、運転席には、アシストグリップはなかなか付いている車種がありません。
ハンドルには、保護用ビニールをかぶせてあります。

AFTER

こんな感じで完成いたしました。
ほんの少しのことですが、クルマの乗り降りの際につかまるところがありのとないのとでは、格段に安心感が違います。

まるで純正で装着されているような自然な仕上がりになっています。
アシストグリップは、ほとんどの車種に後付けができますが、Aピラーにエアバッグが内蔵されているクルマには、安全上取り付け不可となっております。


四国・愛媛で、人にやさしいクルマづくりをスローガンに福祉車両のカスタマイズ(改造・製作・架装)を手がける、ヤツヅカ 福祉事業部です。
今回は、スズキ・セルボモードに手だけで運転できる手動運転装置を取り付けしました。
商品名は、「カロスピードメノックス」です。
北欧・スウェーデン製の汎用の手動運転装置のため、次のクルマに載せ替えが可能です。

BEFORE

通常は、何も付いてない状態から、手動運転装置を取り付けしますが、今回のお客様は、今まで使っていた装置が古くなってきたので、新しい装置に交換したい、ということでした。

外してみると、こんな感じ。
バイクのハンドルがそのまま使用されているようです。
フロアタイプの手動運転装置が登場するまでは、このコラムタイプが主流だったらしいです。

これが、いつもの見慣れた風景ですね。

AFTER

今回は、手動運転装置のほかに、お客様からのご要望により、オプション装置として、アクセルペダルとブレーキペダルの高さをかさ上げする「ミニペダルエクステンション」を取り付けしました。

通常は、手でレバーを操作してアクセル・ブレーキの操作をしていただきますが高速道路などでは、アクセルを維持するにはレバーを手前に引っ張った状態でキープする必要があります。
これが長時間になるとさすがに手が疲れるとのことで、そういうときには足でアクセル・ブレーキの操作が可能になりますので、お客様も大満足していただけました。

また、これもオプションで、レバーの手元で操作できる、ウィンカースイッチを取り付けしました。
右手をハンドル旋回ノブから離すことなく、ウィンカーの操作ができますのでこのオプションを選択する方は結構多いですね。


四国・愛媛で、人にやさしいクルマづくりをスローガンに福祉車両のカスタマイズ(改造・製作)を手がける、ヤツヅカ 福祉事業部です。
ホンダ・モビリオスパイクに、車いす収納電動クレーンを取付しました。
このクルマは、昨年の12月に手動運転装置などを取り付けしたクルマで、お客さまが以前に乗ってたクルマよりシートの座面が高くなり、運転席からの車いすの出し入れを自力でするのが苦労しているとのことで、車いす収納クレーンをご提案いたしました。

今回は、運転席の横に取り付けしたサイドサポートシートに座った状態で車いすの操作ができるように、いろいろな工夫をしております。

 

有線リモコンスイッチの新設

まず、運転席シートのすぐ横に、クレーンの操作用有線リモコンスイッチを設置しました。
「上」、「下」の表示がある小型でシンプルなペンダントスイッチを採用しました。
高さ:114ミリ、幅:49ミリ、奥行:34ミリ

この商品の本来のクレーンの上下動作のスイッチは、アームの上にあります。
ペンダントスイッチにより、運転席に横向きに座った状態でもスイッチ操作が可能になりました。

 

アームの室内固定装置

また、クレーンのアームの固定装置をつくり、グリーンのロープを軽く下に引くだけで、パカッとアームが離れます。

 

アーム操作用ストラップ

車外に立ってクレーンのアームを操作するのは容易ですが、運転席に横向きに座るとアームまで手が届きません。
そこで、アーム中央部の関節部分にストラップを設置して、座った状態からでもアームを曲げる動作ができるように工夫しました。

このようにストラップを引っ張ることにより、運転席から離れたアームの関節を曲げることが可能になりました。

 

クレーンの使用イメージ

 

 

製品リンク

 

車いす収納装置(車いす収納用電動クレーン)


四国・愛媛で、人にやさしいクルマづくりをスローガンに福祉車両のカスタマイズ(改造・製作)を手がける、ヤツヅカ 福祉事業部です。
マツダ・アテンザ・GJEFW に、ドアミラー格納スイッチを新設しました。
ドアミラーの格納スイッチが、ダイヤルを180度ひねって回すタイプで、お客様はこれが操作しにくいのでなんとかならないかというご相談を受け、格納スイッチを別に設置することにしたのでした。
このドアミラーの格納スイッチは、割と評判が悪いらしく、ネット上でもいいインプレッション記事がありません。
これは、健常者・障害者の関係なく、ユニバーサルデザインのカスタマイズになるかも?

BEFORE

ちなみに、丸いスイッチの小さな白い点が真上にいくとドアミラーが格納して、ダイヤルをひねってLとRのところに白い点を合わせるとドアミラーが展開する仕組みになってます。/p>

AFTER

ここに写真2

純正のスイッチの上に、トグルスイッチを新設して、トグルを倒すとワンタッチでドアミラーの格納・展開が可能となりました。


四国・愛媛で、人にやさしいクルマづくりをスローガンに福祉車両のカスタマイズ(改造・製作)を手がける、ヤツヅカ 福祉事業部です。
トヨタ・ポルテ・NCP141 に、運転席ドアストラップを取り付けしました。
右手が不自由な方が、左手でドアを閉めるのに便利なお助けアイテムです。

BEFORE

AFTER


四国・愛媛で、人にやさしいクルマづくりをスローガンに福祉車両のカスタマイズ(改造・製作)を手がける、ヤツヅカ 福祉事業部です。
ホンダ・モビリオスパイク・GK1 に、手動運転装置、サイドサポートシート、ハンドル旋回グリップを取り付けしました。

BEFORE

いつもの風景です。

AFTER

今回の運転補助装置の取り付けは、過去最多の改造メニューとなりました。
その内容は、以下のとおりです。
・手動運転装置(アクセル・ブレーキ・ホーン・ブレーキロック)
・ウィンカースイッチ
・ハザードスイッチ
・ハイビームスイッチ
・アクセル固定装置(健常者が運転時の安全装置)
・サイドサポートシート
・ハンドル旋回グリップ
・手押しサイドブレーキレバー

手動運転装置
今回、「S字コントロールレバー」は必要なかったので、垂直にそびえ立っています。

ウィンカースイッチ、ハザードスイッチ、ハイビームスイッチを手動運転装置のグリップに集中させるため、ステアリングコラム周辺から配線を取り出し作業を行いました。

アクセル固定装置
また、お客様のご希望で、ご家族の方などが運転する際に、誤って運転装置のアクセル操作をすると危険なため、お客様以外が運転するときに、手前に引けないような仕組みを作りました。

サイドサポートシート
ドアを閉めたとき、ドアの内張りと運転席シートの間のスペースが狭すぎるので、このモビリオスパイクでは、シートを着脱して使用します。
スペースがとれる車種の場合は、シートを垂直に立ててから運転席ドアを閉めることになります。

ハンドル旋回グリップ
最近流行(?)中のカーボン調カラーを選択。

手押しサイドブレーキレバー
写真では見えにくいかもですが、赤線で囲っているのがそうです。
足踏み式のサイドブレーキレバーの車両には、これで手で操作可能に。


「ひとにやさしいクルマづくり」を推進する福祉車両カスタマイズ(改造・架装)専門店
株式会社 ヤツヅカ 福祉事業部
〒791-2111 愛媛県伊予郡砥部町八倉91
TEL:089-905-8484  FAX:089-960-3020
担当:きたがわ
e-mail:294.yatsuzuka@gmail.com
営業時間:8:30~18:30 定休日:日曜日・祝日

△ RETURN TOP