株式会社ヤツヅカ福祉事業部

TEL 089-905-8484
FAX 089-960-3020

愛媛県伊予郡砥部町八倉91
営業時間/8:30~17:30
定休日/日曜日・祝祭日

ホーム TOP > 福祉事業部TOP >製作事例

改造・製作事例

四国・愛媛で「ひとにやさしいクルマづくり」をスローガンに、身体障害者の方々やご高齢の人たち、またそのご家族や介護施設の職員のみなさんのために福祉車両のカスタマイズ(改造・製作)を手がけるヤツヅカ 福祉事業部です。

今回は、トヨタの旧型ヴォクシー・ZRR70Gのセカンド席に、後付け電動リフトアップシートを装着しました。
北欧スウェーデン製で、商品名は、「ターニーEVO」といいます。

BEFORE

ノーマル状態のシートです。前方に折りたためるようになってました。
このシートを取っ払って、電動回転リフトアップシートの回転ベースの足を手作りで製作していきます。

グリーンのモノは、アプリケーションツールといってシートの位置決めをするための治具です。

こんな感じで4本足ができましたので、この上に回転ベースを載せます。

これが、回転ベースユニットの「ターニーEVO」です。
約70キロほどあります。結構重たいので車内に入れるのは大変です。

足の上に回転ベースが乗っかりましたので、試しに回転させてみます。
このシートの回転軌道は、コンピュータプログラミングにより、自由自在に設定ができます。
これこそが、この後付け電動回転リフトアップシート:「ターニーEVO」の特徴で、これによりさまざまな車種への取り付けを可能にしております。汎用性が高いっていうヤツです。

手前にあるのが、フットレスト:足置きです。足元スペースは十分に余裕がありますので、作業を進めます。

AFTER

最後に、回転ベースの上に専用のシートを搭載することで、今回の後付け電動回転リフトアップシートの装着完了です。

ちなみに電動回転・昇降の操作はこの有線リモコンで行います。
今回は、助手席のうしろのBピラーにマジックテープでセットしました。

動画


四国・愛媛で「ひとにやさしいクルマづくり」をスローガンに、身体障害者の方々やご高齢者の人たち、またそのご家族や介護施設の職員のみなさんのために福祉車両のカスタマイズ(改造・製作)を手がけるヤツヅカ 福祉事業部です。
今回のオーダーは、ホンダ・フィットハイブリッド・GP5に、左足で操作できる足ふみ式ウィンカーの取り付けです。

BEFORE

見慣れた風景に・・・

これを取り付けします。

AFTER

ちょうどフットレスト上に、今回の足ふみウィンカースイッチを装着しました。
もちろん、ウィンカーの配線作業も行いました。

スイッチの裏面とフロア部分には、マジックテープ。
使ってみてからの微調整に対応できるようにしました。

消費税非課税

今回の足ふみ式ウィンカーは、自動車に取り付けした状態でご購入することで、部品代と工賃が消費税非課税対象となります。
さらに、自動車を購入の際に、この足ふみ式ウィンカーを装着した状態でご購入すると自動車本体やナビやアルミホイールなど自動車と一体のものすべてが非課税になります。
部品のみの購入の場合は、消費税は課税されますのでご注意ください。


四国・愛媛で「ひとにやさしいクルマづくり」をスローガンに、身体障害者の方々やご高齢者の人たち、そのご家族や介護施設の職員さんのために、福祉車輌のカスタマイズ(改造・製作)を手がける、ヤツヅカ 福祉事業部です。
先日、サイドサポートシートを取り付けしたオーナーさんから、追加のオーダーを承りました。
すでに取り付けしてある手押し式パーキングブレーキレバーの設置場所が奥まったところにあり、操作しづらいのを改善してほしいということと、もっと軽い力で押すことができるように、というご希望でした。

ちなみに、手押し式パーキングブレーキレバーとは、足踏み式のパーキングブレーキペダルを手で操作できるように、上までレバーを伸ばしている装置のことです。

BEFORE

画像の中央にあるのが、すでに付いている他社製の手押し式パーキングブレーキレバーです。

いろいろ検討した結果、他社製のレバーは取り外して新たにゼロから製作することに。
まずは、てこの原理で力点を延長して軽くしました。

今回製作したレバーの全容です。当社の改造史上最長になりました。
現段階は塗装前の状態で三次元アート作品のような仕上がり(?)です。

AFTER

設置場所にはかなり苦労しました。
操作しやすく、かつ、まわりの手動運転装置のレバーやシフトレバー、コンソールなどに干渉しないベストポジションにレバーのグリップが来るようにレバーを三次元に曲げて製作しました。

上のポジションでも下に下げたポジションでもどこにも当たらない空間とレバーの軌道を探り当てました。
また、グリップはお客さまのお手持ちのシフトノブを流用しました。
おそらく、こんなカッコイイ手押しパーキングブレーキはないんではないでしょうか??

お客さまのご希望通り、より軽い力で、手押し式パーキングブレーキレバーを押すことができるようになりました。

このように、当店以外で取り付け・購入した装置に対しても、調整・改善・製作など可能ですので、お困りのことがあれば、なにか少しでも改善できると思いますので、ご相談ください。


四国・愛媛で、「ひとにやさしいクルマづくり」をスローガンに、身体障害者の方々やご高齢者の人たち、そのまわりのご家族や介護施設の職員のみなさんのために、福祉車両のカスタマイズ(改造・製作)を手がける、ヤツヅカ 福祉事業部です。
今回は、トヨタ・ウィッシュ・ZGE20G に車いすからの移乗がラクになる補助シートを運転席・助手席とも取り付けしました。
当社の商品名は、「サイドサポートシート」といいます。

BEFORE

運転席・助手席のノーマル状態。
黄色いテープは、お客さまと事前に打ち合わせした取り付け位置のマーキングです。

シートとドアの間のわずかな隙間に補助シートの支柱を立てるための土台を製作します。

こんな感じで、支柱が立ちました。

AFTER

今回のお客さまは、ご自身で運転するときと助手席に座るときの両方で必要になり、当社へのオーダーをいただきました。
最近は、このように片側だけでなく、両方付けたいという方が増えてきました。

ちなみに、ドアを閉めた状態で真上から見るとこんな感じです。
当社取り扱いの補助シート:サイドサポートシートは、支柱が立つスペースさえあれば取り付け可能です。
これは、補助シートの座面のみを着脱できるからこその特徴です。
他社で取り付けできないと言われてあきらめていた車種にも、当社の商品なら取り付けの可能性大です。
お問合せ・ご相談、お待ちしております。

さらに、助手席側のみですが、ドアの開度拡大処理も同時施工しました。
運転席側と比べると、違いがわかると思います。


四国・愛媛で、「ひとにやさしいクルマづくり」をスローガンに福祉車両のカスタマイズ(改造・製作)を手がける、ヤツヅカ 福祉事業部です。
今回は、トヨタのマイクロバスのコースターに、後付け電動補助ステップと室内のステップ、さらに、手すりを取り付けしました。
介護施設の送迎バスとして利用中のマイクロバスへのカスタマイズとなりました。
使用した商品は、こちらのページ内の「A7020」という製品です。

補助ステップ 汎用品 電動式・手動式 これで乗り降りがラクラク・安心!

 

BEFORE

施工前の状態です。
今のこの状態で、地面から一段目のステップまでの高さが、約38センチ、一段目から二段目までの高さが、約30センチです。
施設の利用者の方々は高齢者が多く、足腰が弱っていますので、マイクロバスに乗り込むときにこの一段一段の高さは、結構キツイと思われます。
ご利用者のみなさまが安全に乗り降りできるようにということで、施設の人からオーダーを受けました。

 

AFTER

いきなり完成図。
室内側の補助ステップもアルミで手作りしましたよ。なかなか時間がかかった力作です。
ドアの開閉に連動して、補助ステップが展開・格納しますので、カンタン・便利ですよ!

お客さま納車するときまで、ステップの保護シートを剥がさないので、ステップのデザインがわかりませんね。

ちなみに、今回取り付けしたのは、この写真の左側の黄色いステップの方です。
黄色の部分は、実はすべり止めシートになっていまして、雨などの日でもスリップしませんので安全・安心です!

また、運転席に設置したブルーのインジケータにより、補助ステップが展開していることが分かります。
必ず、消灯している状態=ステップが格納されている状態で、マイクロバスを発進させるようにお願いしました。
インジケータの下にあるのが補助ステップの「作動オフスイッチ」です。
メンテナンスや清掃時など、補助ステップが作動しないように設定が可能ですよ。

で、各段の高さはどうなったかというと・・・
① 室外の補助ステップまでが、約19センチ 最低地上高は、約15センチ
この補助ステップの取り付け高さは、お客さまのご希望に添ったカタチで自由に設定可能。

② 室外の補助ステップから元々の一段目までが、約17センチ

③ 元々の一段目から室内の補助ステップまでが、約16センチ
④ 室内の補助ステップから元々の二段目までが、約14センチ
となっております。
通常は二段の階段が、間を刻むことで四段の階段となり、格段に乗り降りがラクラクになりました!

今回は、手すりも製作しました。画像の右側・進行方向で前側です。
車外から乗り込んで右側には、元々手すりは装備されている車両ですが、左側には、手すりがなくて乗り降りの際に不安感があったということでしたので、従来からある右側の手すりとカラーリングと合わせて違和感のないように手すりを製作しました。
これにより、無意識に左手を伸ばせば、そこに手すりがある安心感が生まれました。
つかまるところがあるのと、ないのとでは違いは歴然です!

 

 

今すぐ電話で問い合わせる
今すぐ電話で問い合わせる
今すぐ問い合わせる

 

関連リンク

 

電動補助ステップ+室内の補助ステップをトヨタ・マイクロバス・コースターに取り付けしました!

補助ステップ 汎用品 電動式・手動式 これで乗り降りがラクラク・安心!

 

マイクロバス用 後付け自動ドアキットも販売しております。

もちろん、自動ドアキットの取り付け・修理・メンテナンスも承ります。

マイクロバス用 後付け自動ドアキット 

 


四国・愛媛で、「ひとにやさしいクルマづくり」をスローガンに福祉車両のカスタマイズ(改造・製作)を手がける、ヤツヅカ 福祉事業部です。
今回は、マツダの新型(後期型)アテンザ・GJ2AWに、手動運転装置を取り付けしました。

BEFORE

実は、マツダ・アテンザはすでに手動運転装置の取り付け実績があり、初めてのクルマではないので、前回同様にブラケットを製作する予定でしたが、マイナーチェンジ後の後期型は、室内の構造も少し変更されており、作業自体はやはり容易ではなかったです。
たとえば、サイドブレーキレバーが省略されており、電磁式のスイッチによるパーキングブレーキの操作となっていました。

アクセルとブレーキの操作をする「コントロールレバー」の土台部分は、いつもながら完全ワンオフ製作です。

AFTER

今回は、手動運転装置のオプションは、3つあります。
・「S字コントロールレバー」の採用により、より手元で操作が可能。
・「ウィンカースイッチ」の装着で、コントロールレバーを動かす左手の親指で操作できます。
・「カーボン調トップカバー」でスポーティな印象を演出。

さらに、車いすに乗った状態でバックドアの開閉作業に困るのが、バックドアを閉めるとき。
かなり上の方まで跳ね上がるバックドアをラクラク閉めることができる、「バックドアストラップ」も装着しました。

また、これは安全装備として、パワーシートの運転席の前方向のスライドのときに手動運転装置のコントロールレバーを押してしまわないように、コントロールレバー土台にシートストッパーを立てました。
目立たないところですが、まさかの破損事故の未然防止のために大切な工夫です。


四国・愛媛で、『人にやさしいクルマづくり』をスローガンに福祉車両のカスタマイズ(改造・製作)を手がける、ヤツヅカ福祉事業部です。

今回は、期間限定で復活した、トヨタ・ランドクルーザー70の新車に乗り降りをサポートする、補助ステップを3ヶ所とアシストグリップを2ヶ所取り付けしました。

補助ステップは、運転席以外の3ヶ所。
純正でもステップは付いてるんですが、なにしろ70の車高が高くて地上から50センチ以上あるので、高齢者の方々が乗り降りするには大変な労力が必要です。
当社取り扱いの電動スイングアウト補助ステップなら、低い位置にステップが降りてきますので乗り降りがラクラクになりますよ。ご家族の方も安心ですね。

アシストグリップは、後席の2ヶ所。
こちらも純正でも装備されてますが、付いてる場所が高すぎでなかなか手が届きませんので、新たに手が届きやすい高さに設置しました。手を伸ばせばすぐに届くのはいいことですね。

BEFORE

フツウのランクル70です。

左リヤドアのステップの下から見た図。
ここに、下の電動スイングアウト補助ステップを取り付けます。

でも、この補助ステップはトヨタ純正品でもなく、70ランクル専用の社外品でもありません。
そこで、下のような取り付けブラケットをいつものように手作りで製作しました。

クルマのボディと補助ステップの間の空間をイメージして作りました。
ただ取り付けするためのブラケットではなく、今回はボディの外側に張り出したステップに人が乗ることになりかなりの強度が必要になりますので、製作には時間と根気とアイデアは必要です。

製作したブラケットをボディに取り付けした図。

仮付けして、バッテリーをつないでステップを作動させてみました。
同じことを3回やりましたが、すべてちがうブラケットが必要なので、ひとつひとつ一からスタートです。

AFTER

おそらく、トヨタ・ランドクルーザー70に補助ステップを3個も取り付けしたのは、日本初ではないでしょうか???

運転席に補助ステップのオフスイッチも装着しました。中央の丸いスイッチです。
また、エンジンをかけてもステップが出ているときには、ミラースイッチの両脇にインジケータが光る仕組みです。
直感的にどこのステップが出てるのかを把握できます。

さらに、補助ステップのうしろには、泥除けも装着しました。
小石や泥などからステップやモーターを守るための影の必須アイテムです。

また、今回の補助ステップは通常はドアの開閉に連動ではないのですが、特注にて、ドア開閉連動型に仕様変更をしました。
写真の小さな黒いものが、ドアスイッチです。ここでドアの開閉を感知して補助ステップが展開・格納します。

動画

とても滑らかな動きでステップが動作していることがおわかりになると思います。


四国・愛媛で、『人にやさしいクルマづくり』をスローガンに、福祉車両のカスタマイズ(改造・製作)を手がける、ヤツヅカ福祉事業部です。

今回、介護施設さまからのご依頼を受け、ホンダ・N-BOX+のスローパー車に後付け回転シート:「ターンアウト」をインストールしました。

BEFORE

この助手席が回転シートに変身いたします。
新車のため、シートにビニールがかかっています。

シートの脚は、こんな風にとても長いです。
最近の軽自動車は、背が高くなっているのに合わせて、シートの着座位置の高さが上がっているので、シートの脚も長くなっているんです。
後ろ足の間にあるのは、このクルマはスローパーなので、車いすを引っ張り上げるためのウィンチです。

AFTER

回転シートの脚の部分を製作して、回転シート専用のシートを取り付けしたら完成です。

回転イメージ。
シートの左側にあるレバーを引くことで、シートが回転します。
このクルマは、もともとドアの開度が大きいので回転シートにも適しています。
もしドアの開度があまり大きくない車種でも心配無用です。
角度をアップさせる改造も承りますので、上のような角度までドアを開けるようになります。

回転シートの専用の脚は、いつも手作りで製作しており、骨の折れる作業であります。

また、軽自動車の車内スペースはあまり広くないので、運転席と助手席がギッシリ!
こういう状態でも助手席のシートは回転可能です。
ただ、シートベルトアンカーは、スペースの関係上、このような処理としました。

ちなみに、シートが外向きに出たときのシートの座面の高さは、約70センチです。
シートの下に車いす用電動ウィンチがあるので、この高さとなっていますが、ウィンチのない、通常のN-BOXでは、座面を下に下げることができ、座面は、約60センチになりますので、より乗り降りがラクラクになりますね。


 

四国・愛媛で、『人にやさしいクルマづくり』をスローガンに、福祉車両のカスタマイズ(改造・製作)を手がける、ヤツヅカ 福祉事業部です。
今回、トヨタ・ハイエース・KZH120G・グランドキャビンに、スロープ車いす固定ベルト車いす用シートベルトを装着した上で、「車いす移動車」としていわゆる、8ナンバーに構造変更登録しました

BEFORE

改造前は、4列目シートが鎮座しておりました。このシートを取っ払って、車いすのスペースをつくり、車いすの固定ベルトと車いす用シートベルトを取り付けしていきます。

シートを撤去すると、このように結構なスペースが生まれます。

次に、上のようなベルト取り付け用のブラケットを丁寧に手作りします。

AFTER

改造後はこのようになりました。
「X」字になってるブルーのベルトが車いす固定ベルトです。
両脇のタイヤハウス上にあるのが、車いす用シートベルトです。
手前に置いているのが、3段伸縮式スロープです。

ブラケットを各所に取り付けしてベルトを固定しました。

3段伸縮式スロープを伸ばしてスロープを設置してみました。

スロープは、チェーンにて自動車のボディと常時接続されております。
これが実は非常に大切で、接続されてない場合には、8ナンバーに構造変更登録は不可能です。

 

 

関連リンク

 

ダイハツ・ハイゼットカーゴ・S321V+車いす簡易スロープ+車いす固定ベルト

ルノー・カングーに簡易スロープと車いす固定ベルト装着!

車いす用3段伸縮式スロープ 3点セット

 


四国・愛媛で、『人にやさしいクルマづくり』をスローガンに福祉車両のカスタマイズ(改造・製作)を手がける、ヤツヅカ 福祉事業部です。
今回は、スバル・フォレスター・SJ5 に、手だけで運転できる手動運転装置を取り付けしました。

BEFORE

見慣れた風景のBEFORE

AFTER

シフトレバーの上あたりに、手動運転装置のコントロールレバーが見えます。

助手席側から見るとこんな感じ。 オプションのS字コントロールレバーを選択され、左手を前に伸ばすことなくアクセル・ブレーキの操作が可能です。
ドライバーの身体の状態やお好みに合わせてグリップの位置を設定できるのが当店取り扱いのオートアダプト製手動運転装置:カロスピードメノックスの特長です。

手動運転装置のグリップは、こちらもオプション設定のカーボン調カバーをチョイス。
カーボンは、最近大人気アイテムです。

ペダルの方は、こうなっております。
アクセルはワイヤーケーブルで接続されており、ブレーキはロッドでダイレクトに接続。


「ひとにやさしいクルマづくり」を推進する福祉車両カスタマイズ(改造・架装)専門店
株式会社 ヤツヅカ 福祉事業部
〒791-2111 愛媛県伊予郡砥部町八倉91
TEL:089-905-8484  FAX:089-960-3020
担当:きたがわ
e-mail:294.yatsuzuka@gmail.com
営業時間:8:30~18:30 定休日:日曜日・祝日

△ RETURN TOP