株式会社ヤツヅカ福祉事業部

TEL 089-905-8484
FAX 089-960-3020

愛媛県伊予郡砥部町八倉91
営業時間/8:30~17:30
定休日/日曜日・祝祭日

ホーム TOP > 福祉事業部TOP >製作事例

改造・製作事例

 

四国・愛媛で「ひとにやさしいクルマづくり」を推進する福祉車両改造専門店・ヤツヅカ 福祉事業部です。

今回は、トヨタのハイエースに、国産のミクニ(ニッシン)製の左足ブレーキ・左足アクセル装置の取扱をしました。

 

BEFORE

 

 

 

 

 

 

 

施工前の状態はこちら。シルバーの社外品のペダルカバーが付いてます。

ハイエースやキャラバンなどのワンボックスカーには、ハンドルシャフト(画像中央の黒い棒状のもの)があり、その右側にアクセルペダルとブレーキペダルが両方とも配置されていますので、右足のご不自由な方が運転するには、左足で両方のペダルが操作できるように、ハンドルシャフトの左側に新たに各ペダルを設置する必要があります。

 

この二つの部品がアクセル・ブレーキの左足での操作を可能にします。

 

AFTER

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、ペダルが合計4個の状態になりました。身体障がい者の方が運転するときはこのカタチです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご家族の健常者の方が運転する時には、アクセルペダルを折りたたむことができますので、おクルマのシェアも可能です。

 

 

当店では手動運転装置の取り扱いは、スウェーデン製のモノをメインで取扱していますが、国産のミクニ(ニッシン)や、フジコン(フジオート)の手動運転装置も取扱できますので、現在ご使用の装置が国産でクルマの乗り換えをご検討の方は、まずはご相談ください。

 

今すぐ電話で問い合わせる
今すぐ電話で問い合わせる
今すぐ問い合わせる

 

 

四国・愛媛で「ひとにやさしいクルマづくり」を推進する福祉車両改造専門店・ヤツヅカ 福祉事業部です。

今回は、日産のNV350キャラバンに国産ミクニ(ニッシン)製の手動運転装置を取扱しました。

 

 

BEFORE

 

 

 

 

 

 

 

ノーマル状態

 

AFTER

 

 

 

 

 

 

 

手動運転装置とハンドル旋回ノブと手押しパーキングブレーキレバーを装着しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手動運転装置のグリップの前側にある細くて小さなレバーが、ウィンカースイッチです。

レバーを左右に倒すと、ウィンカーが出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンドル旋回ノブは、今回お客さんのご希望により左側に取付しました。

下にある手動運転装置のグリップの上面には、ホーンのスイッチがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

手動運転装置のすぐ横には、手押しパーキングブレーキレバーです。

足ふみ式のペダルを左手で操作可能になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ペダル廻りは、こんな感じになっております。

 

当店では手動運転装置の取り扱いは、スウェーデン製のモノをメインで取扱していますが、国産のミクニ(ニッシン)や、フジコン(フジオート)の手動運転装置も取扱できますので、現在ご使用の装置が国産でクルマの乗り換えをご検討の方は、まずはご相談ください。

 

今すぐ電話で問い合わせる
今すぐ電話で問い合わせる
今すぐ問い合わせる

四国・愛媛で「ひとにやさしいクルマづくり」を推進する福祉車両改造専門店・ヤツヅカ 福祉事業部です。

今回は、トヨタ・ハイエースの介護タクシー車両の改造のご依頼を受けました。

タクシー業者さまからのご希望は、車いすのお客さまが安全に乗り降りできるように、また、車内でも快適に過ごせるようにしたい、というものでした。

当店の解決策として、車いす用3段伸縮式スロープと車いす移動車キットを使用して、10人乗りの車両で最後部のシート1席を取り外した状態で、車いすの方用のスペースを新設しました。

 

BEFORE

 

 

 

 

 

 

 

この状態から、最後部の左側のシートを取り外します。

 

AFTER

 

 

 

 

 

 

 

車いす固定ベルトと車いす用シートベルトを車内に取付しました。

座席を1席取り外していますが、車いすスペースを製作したので、乗車定員自体は、10-1+1=10人のままです。

右側にあるのが、3段伸縮式車いすスロープです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車いすの前側は、こうなっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

車いすの後ろ側は、こんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スロープは、3メーターありますので、長ーいですね。

 

今すぐ電話で問い合わせる
今すぐ電話で問い合わせる
今すぐ問い合わせる

 

車検証

 

 

 

 

 

 

 

今回の改造では、車いす移動車としての8ナンバーの用件を満たさないため、構造変更検査とはならず、

軽微な変更の扱いとなり、車検証の記載事項の変更を行いました。

備考欄に、車いす固定装置付(1基)と追加で記載されております。

 

関連リンク

車いす用3段伸縮式スロープと車いす移動車キット

ハイエース+スロープ+車いす固定装置=車いす移動車で、8ナンバー取得

ハイエース・KZH120G+スロープで8ナンバー登録

 


 

四国・愛媛で「ひとにやさしいクルマづくり」を推進する福祉車両改造専門店・ヤツヅカ 福祉事業部です。

今回は、三菱・パジェロイオに左足アクセル装置を装着しました。

 

BEFORE

 

 

AFTER

 

 

 

 

今すぐ電話で問い合わせる
今すぐ電話で問い合わせる
今すぐ問い合わせる

 


 

四国・愛媛で「ひとにやさしいクルマづくり」を推進する福祉車両改造専門店・ヤツヅカ 福祉事業部です。

今回は、ダイハツの新型タントにスウェーデン製手動運転装置を装着しました。

 

手動運転装置【北欧製・カロスピードメノックス】

 

BEFORE

 

 

 

 

 

 

 

なにも装置が付いていない普通の状態です。

 

AFTER

 

 

 

 

 

 

 

センターに手動運転のコントロールレバーが立ち上がりました。

 

 

ペダルの部分とコントロールレバーの根元部分はこうなっております。

 

 

今すぐ電話で問い合わせる
今すぐ電話で問い合わせる
今すぐ問い合わせる

四国・愛媛で「ひとにやさしいクルマづくり」を推進する福祉車両改造専門店・ヤツヅカ 福祉事業部です。

トヨタ・ハイエースに、折り畳み式の車いす用スロープと車いす固定装置、車いす用シートベルトを

装着して、「車いす移動車」として構造変更検査(いわゆる改造車検)を受けて、「8ナンバー」を取得しました。

 

車いす用スロープ

今回のスロープは、お客様の持ち込み品で商品名は「シルバースロープ」というものです。

スロープの土台部分は、ガッチリとフロア面に取付しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スロープは短く収縮すれば、車外から弧を描いて回転して車内へ収納できます。

車いすのすぐ横に、スロープの幅のスペースが必要です。

 

車いす固定ベルト・車いす用シートベルト

車いす固定ベルトは、バックル式のシンプルな設計。ベルトは最大約90センチまで伸ばせます。

車いす用シートベルトは、2点式で腰まわりにフィットします。

 

製品リンク

車いす用3段伸縮式スロープと車いす移動車キット

車いす固定装置:バックル式車いす固定ベルト

車いす用シートベルト:2点式

 


 

四国・愛媛で「ひとにやさしいクルマづくり」を推進する福祉車両改造専門店・ヤツヅカ 福祉事業部です。

トヨタ・パッソに、手動運転装置:メノックスのほか、過去最大数の補助装置をいろいろと装着しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手動運転装置とペダルガード

 

 

 

 

 

 

 

 

スウェーデン製手動運転装置の「メノックス」を装着しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ペダルの誤操作を防ぐ、「ペダルガード」も同時装着しましたので、安全です。

 

グリップの側面の丸ボタンは、標準装備のブレーキロックスイッチに加えて、

ワイパーのミストスイッチもオプションで選択して装着しました。

 

手動運転装置とペダルガードの詳細は、以下のリンクからどうぞ。

手動運転装置【北欧製・カロスピードメノックス】

 

 

車いす収納装置:オートボックス

 

 

オートボックスは、運転席に座ったままで、車いすを屋根上のボックスに電動で収納可能なアイテムです。

車いすの最大積載量は、30kgです。折り畳み可能な手動車いす・電動車いすを積み下ろしできるようになります。

ボックスから降りてくるバーに車いすをカンタンにセットして、スイッチで操作します。

 

 

 

車いすの収納の操作は、運転席のこのレバーで行います。

右が電源のオン・オフで、左が収納・展開のスイッチになっています。

収納ボックスの内部には、取り扱いの説明が書かれたシールがあります。

 

 

移乗用サイドサポートシート(トランスファーボード)

 

 

車いすから自動車のシートへの移乗の際のお助けアイテムです。

今回は、運転席のほかに助手席側にも取付しました。

 

 

運転席アシストグリップ

 

 

完成図と作業途中のようす。

ピラー部分へのアシストグリップの取付に比べて、ルーフ部分へのアシストグリップ取付は

作業の難易度が数段ちがってきます。

3Dでイメージしながら丁寧に手づくりで製作いたしました。

 

オートクルーズ(クルーズコントロール)装置

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、ピボット製のスロットルコントローラのオートクルーズ機能を活かして

高速道路などで便利なクルーズコントロールも可能にしました。

クルーズコントロールとは、任意のスピードをスイッチひとつで維持できる機能です。

製品の詳細は、こちらのページから

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四国・愛媛で「ひとにやさしいクルマづくり」を推進する福祉車両改造専門店・ヤツヅカ 福祉事業部です。

クルマを運転するときの毎回の車いすの積み下ろし、運転席から車いすを自力で持ち上げられる方もいますが、ほとんどの方々がご苦労されていると聞きます。

車内に引き入れたら、ドライバーのおなかの上を車いすが通過していくのもなかなか大変なことだと思われます。

今回、ホンダ・フリードスパイクに、運転席から車いす収納が可能になる、イタリア製の車いす収納電動クレーン装置を取付しました。

メーカー名は、KIVI、商品名は、「ピラーリフト」といいます。毎日の苦労から解放されるオススメの装置です。

 

車いす収納装置(車いす収納用電動クレーン)

この製品ページの中盤に、今回のピラーリフトのくわしいご紹介があります。

 

 

BEFORE

 

 

 

 

 

 

 

 

運転席のシートベルトがあるピラー(支柱)に取付するので、「ピラーリフト」というわけです。

ここに、車いすクレーンのアームの根元部分を当店で手作りで丁寧に製作することにより、運転席での車いすの収納が可能になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

車いすクレーンのモノ自体はこのようにコンパクトで、関節が2個あるのが特徴で、せまいドアの隙間でもスルスルっと車いすが車内に入っていきます。

 

 

 

AFTER

 

 

 

 

 

 

 

 

運転席横のBピラーに車いすクレーンの土台となるブラケットを現物合わせで頑丈すぎるほどに強度を持たせた状態で製作して、KIVI・ピラーリフトを装着しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドライバーは、運転席から後ろ向きになれば、このクレーンアームを操作して車いすをラクラクに収納できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

クレーンの上下の操作スイッチは、Bピラーの前面に埋め込みしました。矢印の方向に押し続けることで、車いすクレーンのロープが上下します。

スイッチから手を離せば、クレーンのロープの動作がストップします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車いすクレーンのアームがコンパクトに曲がりくねって回転することで、セカンド席の座面から運転席の背もたれの間のせまい空間でも、車いすがスルスルっと車内に収納できるので、女性など腕力がないドライバーの方でも楽ちんで車いすを車内へ積み下ろしができます。

 

車いすを運転席からカンタン・ラクラクに収納できる「ピラーリフト」があれば、家族などのお手伝いがなくてもご自分一人で車いすの積み下ろしができるので、ドライブが待ち遠しくなるでしょう。

 

車いすの収納方法は、クルマのボディサイズ、車いすの重量やその人の身体能力やお好みなどそれぞれですので、当店では入念なヒアリングにより、その人に一番のマッチングする車いすの収納方法をご提案いたします。千差万別の最適解を導き出します。

 

バックドアの開口部に、このピラーリフトを取付することも可能です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四国・愛媛で「ひとにやさしいクルマづくり」を推進する福祉車両改造専門店・ヤツヅカ 福祉事業部です。

スバルの新型インプレッサスポーツに、国産メーカーのフジオートの手動運転装置を取扱しました。

装置の名称は、FUJICON  フジコン・手動運転装置・FC-B(フロアタイプ)です。

 

 

BEFORE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AFTER

 

 

 

 

 

 

 

 

シフトレバーのすぐ横に装置のグリップが設置され、左手でアクセル・ブレーキの操作が可能になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ペダル廻りは、このような仕組みになっています。手で操作したことを各ペダルに伝達できるカラクリです。

 

 

 

 

 

 

 

 

グリップには、いろいろなスイッチが配置されています。

側面の上の丸型スイッチは、ブレーキロックで、側面の下のオレンジのは、ウィンカースイッチ。

前面の丸いスイッチが、ホーンボタンになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

車内のフロアから手動運転装置のコントロールレバーが立ち上がっているので、フロアタイプといいます。

レバーの側面に、FUJICONのロゴが入っております。

 

 

当店では手動運転装置の取り扱いは、スウェーデン製のモノをメインで取扱していますが、国産のミクニ(ニッシン)や、フジコン(フジオート)の手動運転装置も取扱できますので、現在ご使用の装置が国産でクルマの乗り換えをご検討の方は、まずはご相談ください。

 

今すぐ電話で問い合わせる
今すぐ電話で問い合わせる
今すぐ問い合わせる

 

関連リンク

 

イタリア・KIVI製 アクセルリング+ハンドブレーキレバー

手動運転装置【北欧製・カロスピードメノックス】


 

 

 

 

 

 

 

四国・愛媛で「ひとにやさしいクルマづくり」を推進する福祉車両改造専門店・ヤツヅカ 福祉事業部です。

自治体所有のコミュニティバスに後付けで、電動補助ステップ室内の補助ステップ手すりを装着しました。

特に山間部の自治体からのお問い合わせやご注文が最近増えてきております。

 

今回のケースは、トヨタの旧型コースターに補助ステップを装着しましたが、新型コースターにももちろん装着可能です。

緑ナンバーの旅客自動車運送事業用マイクロバス用に、幅600mmX奥行300mmのタイプの補助ステップのラインアップもあります。

 

汎用 電動式・手動式 各種補助ステップ

 

 

BEFORE

 

 

 

 

 

 

 

 

施工前:ステップは地面から2段(2歩)です。段差が大きく足を上げるのが大変そうです。

 

 

AFTER

 

 

 

 

 

 

 

 

施工後:ステップは地面から4段(4歩)になりました。お年寄りの方々も段差が少なくなってラクラク乗り降りが可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

左側には、持ちやすく安心の大型手すりを装着しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

室内のステップの側面には自治体からのご要望で、足が引っ掛からないようにカバーしてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ステップの黄色の部分はすべり止め加工済。スリップ事故を防止します。

 

 

 

 

 

 

 

 

バスから降りるときのようす。手すりと中2段の室内のステップがあるので安心感マックスです。

 

 

製品リンク

 

汎用 電動式・手動式 各種補助ステップ

 

ハイエース キャラバン 手すり・ハンドレール・アシストグリップ

 

 

マイクロバス用 後付け自動ドアキットも販売しております。

もちろん、自動ドアキットの取り付け・修理・メンテナンスも承ります。

マイクロバス用 後付け自動ドアキット 

 

 

ハイエース・キャラバンの後付け自動ドアキットはこちらのリンクからどうぞ。


「ひとにやさしいクルマづくり」を推進する福祉車両カスタマイズ(改造・架装)専門店
株式会社 ヤツヅカ 福祉事業部
〒791-2111 愛媛県伊予郡砥部町八倉91
TEL:089-905-8484  FAX:089-960-3020
担当:きたがわ
e-mail:294.yatsuzuka@gmail.com
営業時間:8:30~18:30 定休日:日曜日・祝日

△ RETURN TOP