株式会社ヤツヅカ福祉事業部

TEL 089-905-8484
FAX 089-960-3020

愛媛県伊予郡砥部町八倉91
営業時間/8:30~17:30
定休日/日曜日・祝祭日

ホーム TOP > 福祉事業部TOP > 製作事例 > ホンダ・N-BOX+に助手席手動回転シートを取り付け

改造・製作事例

ホンダ・N-BOX+に助手席手動回転シートを取り付け

四国・愛媛で、『人にやさしいクルマづくり』をスローガンに、福祉車両のカスタマイズ(改造・製作)を手がける、ヤツヅカ福祉事業部です。

今回、介護施設さまからのご依頼を受け、ホンダ・N-BOX+のスローパー車に後付け回転シート:「ターンアウト」をインストールしました。

BEFORE

この助手席が回転シートに変身いたします。
新車のため、シートにビニールがかかっています。

シートの脚は、こんな風にとても長いです。
最近の軽自動車は、背が高くなっているのに合わせて、シートの着座位置の高さが上がっているので、シートの脚も長くなっているんです。
後ろ足の間にあるのは、このクルマはスローパーなので、車いすを引っ張り上げるためのウィンチです。

AFTER

回転シートの脚の部分を製作して、回転シート専用のシートを取り付けしたら完成です。

回転イメージ。
シートの左側にあるレバーを引くことで、シートが回転します。
このクルマは、もともとドアの開度が大きいので回転シートにも適しています。
もしドアの開度があまり大きくない車種でも心配無用です。
角度をアップさせる改造も承りますので、上のような角度までドアを開けるようになります。

回転シートの専用の脚は、いつも手作りで製作しており、骨の折れる作業であります。

また、軽自動車の車内スペースはあまり広くないので、運転席と助手席がギッシリ!
こういう状態でも助手席のシートは回転可能です。
ただ、シートベルトアンカーは、スペースの関係上、このような処理としました。

ちなみに、シートが外向きに出たときのシートの座面の高さは、約70センチです。
シートの下に車いす用電動ウィンチがあるので、この高さとなっていますが、ウィンチのない、通常のN-BOXでは、座面を下に下げることができ、座面は、約60センチになりますので、より乗り降りがラクラクになりますね。

「ひとにやさしいクルマづくり」を推進する福祉車両カスタマイズ(改造・架装)専門店
株式会社 ヤツヅカ 福祉事業部
〒791-2111 愛媛県伊予郡砥部町八倉91
TEL:089-905-8484  FAX:089-960-3020
担当:きたがわ
e-mail:294.yatsuzuka@gmail.com
営業時間:8:30~18:30 定休日:日曜日・祝日

△ RETURN TOP