株式会社ヤツヅカ福祉事業部

TEL 089-905-8484
FAX 089-960-3020

愛媛県伊予郡砥部町八倉91
営業時間/8:30~17:30
定休日/日曜日・祝祭日

ホーム TOP > 福祉事業部TOP > 製作事例 > 手動運転装置+移乗ボードをスバル・インプレッサに取付しました!

改造・製作事例

手動運転装置+移乗ボードをスバル・インプレッサに取付しました!

四国・愛媛で、人にやさしいクルマづくりをスローガンに福祉車両のカスタマイズ(改造・製作)を手がける、ヤツヅカ 福祉事業部です。
今回は、なんと新車のスバル・インプッレッサスポーツに、各種運転補助装置をいろいろと取り付けいたしました。
新車や中古車の納車時に当社で非課税対象の運転補助装置を装着することにより自動車本体自体も消費税が非課税になりますので、お得ですね。
くわしくは、こちらの記事をご覧ください。

内容は、手動運転装置、ハンドル旋回グリップ、トランスファーボード、さらに、バックドアストラップの以上4点のインストールです。

手動運転装置の商品名:カロスピードメノックス(製品ラインアップへ)
従来にない、スタイリッシュなデザインは、ヨーロッパ・スウェーデン製でおクルマのインテリアの美観を損ねることなく自然にマッチします。
この製品は汎用設計のため、ユーザーのお好みのポジション・高さに設置することが可能です。
当社では、カスタマイズ作業前の打ち合わせで実際にシートに座った状態で左手を伸ばして操作レバーのご希望の位置をヒアリングしたうえで作業をスタートします。
その後、仮組み段階になると、再度位置の確認をしていただき、ご要望があれば装置の微調整を行います。
今回も初回の設定位置よりも少しだけ後方に移動させました。
また、クルマを買い換えた場合でも次のクルマに移設できますので、大きなコストダウンが実現されますので、多くのメリットがあります。

そして今回は、オプション設定のレザー調ブーツを装着しました。
マニュアルミッションのシフトレバーをイメージしたデザインでカロスピードメノックスをグレードアップさせます。

前回のオデッセイにつづいて、トランスファーボードも取り付けいたしました。
通常は、フロアから支柱のパイプを立てるのですが、このインプレッサは、フロアに配線や配管などがどっさりあったので苦労しました。
さらに、パワーシートのスイッチを操作できるように指がはいるスペースを確保した上で、なおかつドアトリムに干渉しないギリギリの位置にセッティングされています。
こちらのボード(補助いす)も、できるかぎりご要望に応じたポジションで設置可能です。
このアイテムで車いすからクルマのシートへの移乗がサポートされます。

ハンドル旋回グリップは、エルゴモデルを選択いただきました。
たまご形で握りやすいカタチになっています。
これもまた、北欧の美しいデザインです。

これもオプションで、バックドアストラップも装着しました。
車いすに乗った状態でもバックドア閉めるのがラクラクになります。

私どもが取り扱う商品自体は、種類はそんなに多くはないけれどそのアイテムをご利用になるユーザーの方々のお体の状態やご希望、お乗りになるクルマの車種や室内スペースの各サイズなどは、まさに多種多様であります。
株式会社 ヤツヅカ 福祉事業部 では、そのさまざまなパターンの課題に正面から向かい合い、ユーザーさまのニーズに対して最高の解決策(われわれの答え)を出すよう心がけております。

最後になりましたが、お客様、今回のご用命ありがとうございます。

「ひとにやさしいクルマづくり」を推進する福祉車両カスタマイズ(改造・架装)専門店
株式会社 ヤツヅカ 福祉事業部
〒791-2111 愛媛県伊予郡砥部町八倉91
TEL:089-905-8484  FAX:089-960-3020
担当:きたがわ
e-mail:294.yatsuzuka@gmail.com
営業時間:8:30~18:30 定休日:日曜日・祝日

△ RETURN TOP