株式会社ヤツヅカ福祉事業部

TEL 089-905-8484
FAX 089-960-3020

愛媛県伊予郡砥部町八倉91
営業時間/8:30~17:30
定休日/日曜日・祝祭日

ホーム TOP > 福祉事業部TOP > 製作事例 > NEW・オデッセイ+トランスファーボード

改造・製作事例

NEW・オデッセイ+トランスファーボード

四国・愛媛で、人にやさしいクルマづくりをスローガンに福祉車両のカスタマイズ(改造・製作)を手がける、ヤツヅカ 福祉事業部です。
今回のオーダーは、ホンダ・NEW・オデッセイに、クルマの乗り降りをサポートしてくれる、トランスファーボード(移乗ボード)を取り付けです。
車いす~クルマのシート間の不安なスペースを埋める、頼りになるアイテムです。
当社の取扱商品名は、「サイドサポートシート」といいます。

お客様と何回も打ち合わせを重ね、ようやく施工することができました。

BEFORE

この運転席シートのすぐ横に、支柱を立てます。

AFTER

ツインタワーがそびえ立ちました!

支柱とサイドサポートシートをドッキングさせて使用します。

下からの図。ななめのプレートが支柱に乗っかってます。
これで、最大90キロまで耐えることが可能!

何度も打ち合わせした理由は、コレ。
←こっち側がクルマの進行方向です。今回のNEW・オデッセイは、シートとドアの内張りの隙間がメチャクチャ狭い車種でしたので実際に取り付け自体が可能かどうか、また、使用方法はどうするかなど、十分にお客様とやりとりさせていただき、今回のご注文となりました。

本来は、この写真のクルマのように使用しないときは、ボードを立てて収納しますが、オデッセイは前述のとおり、この折りたたむスペースがないため、ボード本体を脱着して使用していただくことにしました。
また、このクルマは、自動車の車体番号の刻印がちょうど支柱を立てる場所にあったため、位置決めにも苦労いたしました。

トランスファーボードを検討中で、シートとドアトリムの隙間が狭くてあきらめていた人もいるのではないでしょうか??
このように、当社では、トランスファーボード(移乗ボード)をほとんどのクルマに取り付けすることができますよ!

私どもが取り扱う商品自体は、種類はそんなに多くはないけれど、そのアイテムをご利用になるユーザーの方々のお体の状態やご希望、お乗りになるクルマの車種や室内スペースの各サイズなどは、まさに多種多様であります。
株式会社 ヤツヅカ 福祉事業部 では、そのさまざまなパターンの課題に正面から向かい合い、ユーザーさまのニーズに対して最高の解決策(われわれの答え)を出すよう心がけております。

最後になりましたが、お客様、今回のご用命ありがとうございます。

「ひとにやさしいクルマづくり」を推進する福祉車両カスタマイズ(改造・架装)専門店
株式会社 ヤツヅカ 福祉事業部
〒791-2111 愛媛県伊予郡砥部町八倉91
TEL:089-905-8484  FAX:089-960-3020
担当:きたがわ
e-mail:294.yatsuzuka@gmail.com
営業時間:8:30~18:30 定休日:日曜日・祝日

△ RETURN TOP